尺八カラオケ広場

2020年 2月 より尺八を始める

  巣篭りを予想したわけではないのですが、鳴り物好きの私、君真屋山(きみま・おくざん~仮名、尺八演奏家のお名前はこんな感じですね、最も特定の流派の人ですけど~)の稚拙な尺八演奏です。
  
  ネットにアップされているカラオケを使用しているので、カラオケ・ルームで歌っている感じです。

  リコーダー・オカリナでの演奏だったら笑われちゃうけど、尺八だったら・・・許してもらえるかな・・・。


 
 
 

尺八初心者 屋山さんへのインタビュー

(その1)

Q:演奏で心がけていることは何ですか?
A:3つあります。
  1. メラない(メリをしない)
  2. カラない(カリをしない)
  3. ユラない(ユリをしない)
  です。

Q;それで尺八演奏が出来るのですか!?
A:できません!!(笑)、
    でもユリは頭を振らなくてもできるそうですね(私は出来ませんけど)。またその必要性は必須ではないでしょう。クラシック音楽ではクラリネットはビブラートをかけませんものね。メリ・カリは楽器の構造上それらで音程が変えられるという現実に逃げ込み 楽器が進化しなかったんですね(多孔化、キーメカニズム化)。極々わずかの名人は輩出されますが(メリ・カリ・ユリの上手な人)その風景は「死屍累々」というものでしょう。奏者の大半は正確な音になっていないんだけれども「これが尺八の音よ~」、という奏者の言い訳(逃げ)が可能になっている世界ですよ。なぜなら尺八の古典・本曲は採譜が不可能だから(会・流派式の楽譜には書けますよ~これ「奏法譜」ですから~)正解というものはなく音程の検証は出来ないんですよ。

Q:ご不満のようですね。尺八止めてフルートでもやったらどうですか?
A:尺八をフルートのように吹きたいんですよ。尺八とフルートは音質が違います、同列ではないんですよ。それを言ったら「尺八」に大変失礼でしょう。

(その2)

Q : メリ・カリ・ユリをしないで尺八を吹いているようですが、それでどうやったらまともな演奏ができるんですか(出来ないでしょう!?)。
A : 『メリ・カリ・ユリをしない』というのは象徴的な言い方です。管楽器は弦楽器と違って吹奏者の息の強弱・姿勢などによって音程が変化します。それを否定しているのではありません。;お囃子の笛も含めての篠笛、リコーダーなど多くの管楽器に「孔の半開」の操作があります。それは教習者にとってさほどの技術的問題ではないしそれで脱落するほどのことでもありません。ところが尺八の場合、楽器としての致命的欠陥と言えるほどの「不具合」があるにもかかわらず長い年月(半ば意図的に)放置されてきました。

Q : 具体的にはどういうことですか?
A : 私は尺八を始めるにあたって「鳴るほど・ザ・尺八 尺八入門(都山流)」(菅原久仁義 著)を購入しました。その6章に 「一音メリ」 というのがありこう書いてあります。

『半音を正確に鳴らすには高度の技術を要します』

具体的に言うと「微開」と「深メリ」の同時操作があるということです。
「微開」とは 1/4開けるのか、わずかに開けるのか、ちょこっと開けるのか、…微妙です、よく分かりません。

邦楽も西洋音楽同様12の音でなりたっているようですが、これらの音が通常の努力で発音できるというのは楽器が存在する大前提でしょう。そうでなければ音楽は出来ないんですよ。
  高齢の私(74才)が『習得に時間的余裕(人生残された時間)がないから諦めた』と言っているのではありません。どんな世代の方でも同じ条件です。なので前回のインタビューで「死屍累々」という言葉を使ったのです。

(その3)

Q : 尺八という楽器には「致命的欠陥がある」とおっしゃいましたが、一方であなたはこの半年の間で120曲ほどを you tube  にアップしましたね(上手・下手はともかくとして)。尺八は楽器として成り立たないと言いながら月平均20曲ほど、それも歌謡曲・ポップス・ジャズなど多彩なジャンルにわたっています。尺八の世界ではそれほど多彩なジャンルでの楽譜は販売されていません。楽器、楽譜はどうされているんですか?。
A : 変なことをお聞きになりますね。すべての曲は楽譜で表現できるし、されていますよ。尺八界を除いて。

Q : 五線譜を使っているということですか。
A : それでも良いと思いますが、尺八が実質「移調楽器」であることを考えれば奏法譜でも構いませんね。ロツレチハ(リ)でもいいのです。

Q : 尺八が「移調楽器」ですか?!・・・・・。それで楽器はどのようなものを使っているのですか。「致命的欠陥」は解消されていますか。
A : 尺八歴1年の初級者としては妥協せざるを得ませんよ。「1尺8寸・7孔」を使っています。

Q : 不満がいっぱいでしょう。
A : そうですが、普通の努力で音階がまあまあスムーズに吹ければ「良し」とせざるをえません。ただし、そういう状況にするためには大きな制約と手間が伴います。移調です。1尺8寸・7孔を使っているので基本 B♭・Gm (♭♭、変ロ長調・ト短調) に移調します。尺八をやっている人は楽器の長さを変えていると思いますがこれも移調と同じことです。私は8寸管しか持っていませんけど。

Q : そうすると?
A : 多くの人が挫折する「ツの半音」(E♭)、「ハの半音」(B♭)が孔の 微開、深メリなしで吹けますよ。

Q:お時間です・・・?、また次の機会に 尺八に殺されない方法 をおうかがいしましょう。

(その4)

Q : あなたは「致命的欠陥がある楽器」である尺八を「多孔化」、「移調」などを行いながら「なんとか」吹いているようですがそれは、誰でもできることなんですか?。もしそうであれば何の問題もないんじゃありませんか?。
A : その質問にお答えする前に「尺八」とはどんな楽器か、」ということが世の人々にはまったく知られていないという問題があります。私が尺八を始める時に購入した「鳴るほど・ザ・尺八 尺八入門(都山流)」(菅原久仁義 著)の中の巻末近くにこうあります。

『尺八は5つの孔で音程を操作するため、色々な調にぶつかると「演奏困難」もしくは「不可能」な状態が生ずることがあります。』 (えっ!! なにそれ聴いてネ~ヨ~)

フルートでは1本の楽器で12の長調、12の短調、計24調すべてを演奏することができます。・・・ 。
この落差、致命的欠陥を持った楽器であるということが世の中にはまったく知られていません。
「尺八は仏教の法器である」という言い逃れは現代ではまったく通用しませんよ。同じエア・リード楽器で移調楽器の代表格であるオカリナでさえ、すべての調を吹こうと思えば吹けます。ただし音域の関係があるから持ち換えを行っているだけです。 
プロの演奏家、菅原久仁義氏は率直にこれを文章にしていますがその他の指導者はどう言っているんでしょうね。
菅原氏の言う通りならばサイズ違いで沢山の尺八を保有しなければいけないということになってしまいます。竹製での購入を考えるとその出費にぞっとします。尺八は楽器屋さんで売ってないしべらぼうに高価ですね。コストパフォーマンスが最悪の楽器なんですよ。

(その5)

A : (その4)での質問への回答に戻ると、「多孔化」はハードの問題ですので出来ます。9孔まではすでに開発されていますね。が、問題は移調です。

Q : 移調が問題なんですか?
A : 目の前にある自分の好きな曲の五線譜を見ながらあなたはそれを移調できますか。都山流・琴古流尺八譜を見ながらあなたはそれを移調できますか。ほとんどの方は出来ません。出来たとしてもとてつもない時間がかかってしまうはずです。だからとんどの人はそれをしません。
Q : そうするとどうなるのでしょう。
A : 楽譜販売はされていない、吹きたい曲が吹けない、吹ける曲が極めて限定されてしまう、それで興味を失い辞めてゆきます。

一方で、『尺八は音をだすのが難しい』とよく言われ、初級者の悩みも主としてそこにあるように世間一般では思われています。当の本人もそう感じていることが多く、「自分の努力が足りない、能力がない」と感じ辞めていきます。
でも本当の責任はその人にあるのではなく、「楽器」と「教授システム」に「殺された」のです。教習者はそれが自覚できずに自分の責任だとして無力感を味わっているのです。師匠についている、教室にいてはことの本質が自覚できません。なぜならばそこでは楽器の本質に触れることが出来ないし、師匠は意図的に触れません。楽器の中では難しい部類の「音出し」に集中させられ、尺八の楽器としての問題点は意識的・無意識的にぼかされてしまっています。尺八には「努力・能力」以前にとんでもない問題が横たわっていることを承知しないまま教習者の個人的能力が原因だと矮小化されてしまうのです。

Printed from: http://master-mac.net/?page_id=2886 .
© 2021.

  • 管理人プロフィール

    マック山屋 ( 山屋 真 )

    当倶楽部の 幹事 兼 ブログ管理人 の プロフィール

    千葉県柏市在住40年、青森県・津軽地方の出身で、2017年に ” めでたく ” 「 古希 」 となりました。ようするに「おじいちゃん」です。

    元 キワヤ・ウクレレスクール講師(基礎科、本科)。