『 ウクレレ de うたごえ 』 がスタートします

  当倶楽部は 毎月 「ウクレレ・ミーティング」 と称して自由参加のウクレレの練習会を行っています。「ウクレレを弾く」ということがメーンの活動です。

  来年設立9年目を迎えるにあたり、今回期間限定ではありますが、少し趣を変えて 「ウクレレを弾く」会 ではなくて、「歌う」会を計画しました。題して 『 ウクレレ de うたごえ 』 です。期間は2018年12月から翌年4月まで計5回です。実施日は次の通りです。
   2018年   12/16(日)、
   2019年   1/20(日)、2/24(日)、3/17(日)、4/21(日)

  文字通り 「うたごえ」形式 です。参加者には歌集(歌詞集)が貸し出されそれを見ながらみんなで歌います。なので、楽器を持たずに参加が出来ます。会員以外の一般の方も申し込みをいただければ参加できます。

申込方法:

  10月21日(日)、11月18日(日) のウクレレ・ミーティングにおいでください。ご案内・説明を行い、希望者の申し込み受け付けを致します。当日数曲歌いますので歌集がどのようなものか、どのように会が進行されるのか実感できると思います。場所・時間は本番と同じです。

     場所:リフレッシュプラザ柏  千葉県柏市南増尾58-3
     時間:15:00~

<補足>

参加費有料です。

ご都合でミーティングにおいでいただけない場合は電話でも受付致します。歌集などの準備の都合上、申込者のお名前・住所・連絡先電話番号などお聞きすることがありますのでご了承ください。   
     04-7175-4340  または 090-2253-3980

ウクレレ持参でのご参加は勿論できますが、「ウクレレ練習会」 ではないので 歌わずに “ ウクレレだけ弾く(練習する) ” は 無し です。

歌う曲は、平成18年に文化庁とPTA全国協議会が選定した 「日本の歌100選」 の中の著作権の切れた(作詞・作曲者没後50年以上経過)もので、全体の約4割がそれに該当しています。

当倶楽部でのうたごえ風景

夜が来る

マイム・マイム


入会受付の一時停止

  来年 2019年より 「ミーティング」 の内容が変更されます。

  これに関連し 今月(9月) より 年末 まで、入会受付が一時的に 停止 となりますのでご承知おきください。


第100回目のウクレレ・ミーティング、終わりました

  6月17日のウクレレ・ミーティングは記念すべき 「 第100回 」 でした。

  2011年1月に発足した当倶楽部も今年は8年目、実施したイベントが100回を超えるなど、主宰者の私でさえも予想しなかったことです。柏市内はもとより市外・県外の方も沢山参加してくださっています。ありがたいことです。

  第100回を終了し、今後の実施内容を見直したいという気持ちもあり、すでに会員の皆様にはご案内している通り、今年は7月・8月のふた月をお休みといたします。

  9月から再開です。内容は今後このブログ上でご案内してゆきます。お楽しみに!!


アンサンブル練習会報告(第2回オープンミーティング)

  5月13日(日)に当倶楽部主催で次のイベントが行われました。
 
 

土と木と風の合奏団オープン・ミーティング#2
 
 

  当日はイベントの時間帯、” 雨が強くなる” との天気予報、実際参加者は雨の中をおいでいただきました。感謝、感謝です。ありがとうございました。十数名の方が参加されました。
 

  3種類の楽器のアンサンブルですので、参加者の楽器の比率が気になっていたのですが、幸いなことに楽器ごとにほぼ同数の、むしろウクレレ倶楽部の主催ですがウクレレの人がちょっと少なかった感じです。
 

  パート毎の練習、サンプル音源(当倶楽部のパイロットチームの演奏)の鑑賞などをしながら後半は実際アンサンブルを行いました。
 

こんな感じです。
 
             <公開終了>

 
  今年後半ぐらいには 「サークル」 を立ち上げたいと思っています。それまでに、今回のようなイベントを何回か行いたいとも思っています。
 
 


サークル紹介 : 土と木と風の合奏団・チームかしわ

楽器演奏はとても楽しいですね。でも、この楽しみを継続するのはとても難しいことです。当倶楽部を主宰するこの私の個人的な思いは、「楽器演奏を愛好する人はいつも孤独」・・・ です。やっていると仲間が欲しくなるんです、一人じゃつまらないんです。解決法は 「教室に通う」、「同好会に入る」などですが簡単ではありませんね。費用の面もありますし時間が拘束されるなど、『う~ん ちょっと』という感じです。

・ 参加したい時だけ参加する
・ 時間内であれば遅刻、途中抜け出しが自由
・ 連絡網などとなどという蜘蛛の巣的なものがない
・ 費用が安い

こんなサークルがあればいいね!!

当倶楽部は“一般の”楽器愛好者が抱くこの要望・期待沿った形で運営されています。上記の項目はすべて実現されております。

極端な言い方ですが、

『たまたま道を歩いていたら、みんなが歌っていて楽しそうだったので一緒に歌った』,
という感じです。

当倶楽部はウクレレ愛好者のサークルとして今年(2018年)8年目に入りました。今年は少し楽器の幅を広げたいと思っています。ウクレレとの相性がすごく良くて、ウクレレのように小さくポケットにでも入りそうな楽器、リコーダー、オカリナを仲間に加えたいと思っています。サークルの名前を考えました。

「 土と木と風の合奏団 」

土・・・・・オカリナは土をこねて成型、焼成されています。
木・・・・・リコーダーは木管楽器です。ウクレレも木で出来ています。
風・・・・・オカリナ、リコーダーは音の発生が同じ原理です。空気の流れで発生します。

いずれも自然の中から生まれ出た物です。

アンサンブル・サンプルを紹介します。当倶楽部に所属する 「土と木と風の合奏団」パイロットチームの演奏です。