2023年度の活動が始まりました

  当倶楽部の 年度 は新年から始まります。

  昨年から継続してご参加いただいている皆さんの参加で、今月既に2回のミーティング(練習会)を行うことが出来ました。ありがとうございます。

  当面のミーティングの日程は右の 「イベント日程」 で確認できます。

  当サークルはウクレレ だけでなく、リコーダー・オカリナ・ケーナ・コカリナ・ギター・ベース・尺八などなど、いろいろな楽器での参加が可能となっております。

  ご興味のあるかたのご見学・ご入会をお待ちしております。


コード・チェンジャーも作成、今年の活動終了

  18日(日曜)のミーティング(練習会)で今年の活動が終わりました。ウクレレで参加の方々には 事務局が材料を配って「コード・チェンジャー」を自作(工作)していただきました。大小の「五度圏サークル」を重ね合わせたタイプのものです。販売はされてはいないと思います。手元にあるとなにかと便利な道具ですね。

  ウクレレ・サークルとして2011年に設立された当倶楽部、3年ほど前から参加できる楽器が増えました。現時点では、ウクレレ・リコーダー・オカリナ・コカリナ・ケーナ・ギターです。意図したわけでもないので自然増ですね。これ以外の楽器での参加も可能な限り検討・対応していくつもりです。

  今月末時点の会員数は 21名 となっております(女性が大半)。楽譜は毎月1曲配布(倶楽部オリジナル)され、毎回3曲練習するので、一つの曲を3カ月間練習するということになります。

  1月から新年度が始まります。沢山の方の入会をお待ちしております。費用(会費)は普通のカルチャーセンターの 1/10 以下で済みます。


管楽器の「孔」の使い方(尺八編)

尺八が 5孔 !!? (尺八名人とブログ管理人との会話)

私 :
  尺八の「孔」なんですけど…

名人:
  はい、前に4つ、後ろに1つ、全部で5つ、これが基本ですね。「5孔」と言っています。孔を追加した「多孔」というものもなくはないのですが。

私 :
  えっ、名人! それは間違いでしょう、どう見ても孔は6つありますよ。

名人:
  おやおや、変な人ですねえ。誰が見ても5つでしょう。ひょっとしてあなたは乱視ですか。おっ、これは失礼。

私 :
  う~ん、それでは孔の押さえ方を確認させてください。孔はどう抑えるんですか?。

名人:
  正直うんざりの質問ですがお答えしましょう。指で塞ぐのです。どんな笛でもそうでしょうよ。ましてや尺八は竹に孔を開けただけです、西洋楽器のようにキーシステムなど付いていないのですから。ただし音程の正確さのために塞ぎ方にはまあ微妙な動作は必要としますね。半分開ける・1/4開ける などと表現されていますが。

私 :
  それって、ちょっと固い言い方になりますが 孔の開口面積を調整する ということですね。

名人:
  そういう表現は好みませんが...、その通りです。

私 :
  ところで、なぜ尺八を吹くとき頭を上下させるのですか、貴方はその名手とも言われているわけですが。

名人:
  あなたの質問に答えるのが苦痛になってきました。まあ、我慢しましょう。一口で言うと、下を向くと音程が下がる・上を向くと音程が上がるのです。尺八ではこれをメリ・カリと呼んでいるんですが知らなかったんですか。う~ん、信じられない。初級テキストの1冊でも買って読んだ方がいいですよ。

私 :
  頭の上下運動で音程が変わるのは唇と歌口の距離が変化するからなんですか?

名人:
  昔はそう教える師匠も多かったんですね。でも唇と歌口の距離の変化ではありません。頭の上下運動で歌口開口部の隙間が微妙に変化することで音程が変わるのです。

私 :
  そうすると歌口開口部も開口面積の調整を必要とするのですから「孔」でしょう。

名人:
  ......???

私 :
  前日、酒を飲みすぎたり、恋人といちゃついていたら昨日と今日では音程が違っちゃうんでしょうか。

名人:
  そっ、そんなことを言われても...。

私 :
  歌口開口部を「孔」として使わなければどういう事になるのでしょう。

名人:
  そっ、そっ、それでは演奏になりませんよ。

私 :
  最初に名人は尺八は5孔だとおっしゃいましたね。歌口開口部の変化が前提で楽器が成立しているなら歌口開口部は「孔」でしょうよ。だから尺八は6孔ですよ。そんなことも知らないですか、名人は何年尺八をやっていらっしゃるんですか。

名人:
  ......。
 


参加する楽器が増えました!!

  2011年1月に発足した当倶楽部、当初は ウクレレ だけが参加できるサークルとして10年近く活動してきました。

  3年ほど前に参加できる楽器を オカリナ、リコーダー にも拡げて現在に至っています。

  今回の会員募集に応じて新たな楽器での参加希望者がいらっしゃいました。これに応じることし、これまでの楽器参加枠が更に拡大し、ケーナ、 コカリナ での参加が出来るようになりました。

  従って、現時点では、ウクレレ・オカリナ・リコーダー・ケーナ・コカリナ の合奏サークルとなりました。ご関心のある方のお問合せ、ご見学をお待ちしております。

  ちなみに、楽譜は全て当倶楽部オリジナル(自主製作)で、ウクレレはタブ譜、その他の楽器は五線譜です。

  


会員募集中です

日頃の練習場所は 千葉県柏市 が管理する施設です。

5月15日(日)の 広報「かしわ」 に会員募集の案内を載せました。

オカリナ・リコーダー・ウクレレの3つの楽器でのアンサンブルを楽しむサークルです。
教室ではありませんので、講師がゼロから教えてくれる という形はとっておりませんが、未経験者でも入会はできます。ぜひ、ご見学・ご相談ください。

右記の「イベント日程」で ミーティング(練習会) の日程が確認できます。
 



  • 管理人プロフィール

    マック山屋 ( 山屋 真 )

    当倶楽部の 幹事 兼 ブログ管理人 の プロフィール

    千葉県柏市在住40年、青森県・津軽地方の出身で、2017年に ” めでたく ” 「 古希 」 となりました。ようするに「おじいちゃん」です。

    元 キワヤ・ウクレレスクール講師(基礎科、本科)。